相続税を確実におさえるなら

相続税をおさえる方法に税理士へ相続相談について
未分類

専門家への相談を

2017年9月24日

税理士に相続相談するに際しては、可能な限り正確なデータを準備から、的確に伝える作業が欠かせません。税理士は相談者から提示された情報だけを手掛かりに、現状からこの先の展開を推察の上、合法的に講じられる対策を発案から提案し、更に将来注意すべきポイントの助言を与えてくれます

万一この再初期段階で数値が大きく異なっていたり、相続税の課税対象となる相続自体が欠落した情報を伝えてしまえば、その先の展開は語るまでもありません。誤った対策を講じた結果、更に状況を複雑に悪化させてしまっては、本末転倒の四文字では済まされません。

また質疑応答に際しては、全て本当の事、本音を伝える姿勢を徹底してください。見知らぬ第三者である税理士に対して無用な体裁を繕い、虚偽の内容を伝えてしまえば、自ずと届けられる助言の内容もズレてしまい、結果更なる無用なリスクを手招きし兼ねません。

相談は腹を割った本音を伝え、少しでもより希望に沿った対応を通じ、確実に相続税をおさえるための大切な作業です。だからこそ相談相手の選択に際しては、全幅の信頼を疑いなく寄せられる税理士との出会いを探す根気が求められます。相談者の未来を左右し兼ねぬ相続税だからこそ、相談者兼パートナーを担う人物には慎重を期し過ぎる事はありません。