相続税を確実におさえるなら

相続税をおさえる方法に税理士へ相続相談について
未分類

早期対策を講じる理由

2017年9月15日

一定以上の大きな相続が発生した場合、法に定められた料率に基づき、相続者には相続税の支払い義務が発生します。時に相続税が支払えぬトラブルを耳にしますが、多くの方々からすれば「相続した金額より税金の方が少額なのに、なぜ支払えないのか」なるシンプルな疑問が生じるのも当然です。

ですが相続は必ずしも現金だけとは限らず、土地や動産不動産など、速やかな現金化が難しい、あるいは実質不可能な財産も対象となるため、こうした展開へと繋がるケースが後を絶たないのが現状です。

こうした大きな相続の発生は、通常早い段階から想定されます。当事者は想定される相続対象となる財産などを見極める必要がありますが、いわゆる時価で換算される財産の場合、実際に相続が発生した時点での価格の推察は極めて困難です。更には私達が有する一般的な知識では、悪意無く見落としてしまう、あるいは対策に意識が及ばぬポイントも少なくありません。

やはり然るべき専門家により早い段階で相談から、適切な対策を講じておく姿勢が欠かせません。想定されるさまざまな展開をシミュレーションから、相続税を確実におさえるべく、合法的な対応策を明確に見極め、必要であれば早い段階から手を打っておくべきなのです。